雑記20190102-01。

平成31年の元日。ソレイユの丘で撮影しました。菜の花の蜜を吸うミツバチです。

ーーーーーーーーーー

今年の4月をもって、平成という時代に区切りがつきます。

平成という時代…

とくに21世紀になってからにおいて、風俗業界においてネットを活用した集客が主体となりましたが…

ネットが風俗業界に発展をもたらしたか?

いや、衰退を加速させただけだと思います。

本来、マッチング率を高めるため…

だったはずですが、平成の終わりにおいてはミスマッチが顕著になってきたと思っています。

ネットにおいて提供されている情報に振り回される…

ネットにて提供されている情報は基本的に否定的な情報を含みません。

綺麗に飾り立てられたプロフィール画像やPR文は真実とは言えないのですが…

ネットで気になった女の子にロックオンされてしまうと、変化が生じにくい思考に脳が変化してしまった…

アナログ的思考からデジタル的思考へ、アナログ脳からデジタル脳へ。

デジタル的思考、デジタル脳への変化は風俗業界に限らず、日本社会全般における変化ではありますが。

 

お客様の頭脳・思考がデジタル的な方向に変化しても…

現実の女の子本人は生身の人間であり、アナログ的なので…

そこにズレが生じます。

そしてそのズレが大きくなってきたのが平成末ではないでしょうか。

 

平成初頭、 1990年代はじめ、大学生の頃に私はアルバイトとして風俗業界で働きはじめました。

この話はかつて一度記事にしたことがありましたが…

電子手帳おやじ。

私が勤めていたお店の受付に現れて…気になる何人かの女の子のスリーサイズなどのデータをひたすら電子手帳に入力して帰り、入力したデータを検討した上で予約して遊ぶおじさん。

目で見て脳に記録した女の子の外見と、電子手帳に記録したデータだけで決定する…

お店の人間のアドバイスは全く聞かない…

ときおり話しかけても、電子手帳への入力に夢中で話は全く聞かず、話しかけに対して何の反応もない。

あとは…

データだけを信じて遊んだ女の子に関する文句です。

お店の人間のアドバイスを全く無視してデータだけを信じて遊んでいながら、文句はたくさん言うわけです。

私も若かったので、しまいには怒りました。

 

あなたはついた女の子の文句ばかり言うが、お店の人間のアドバイスを全く聞かないのだから、自業自得である。

女の子は、身長・体重・スリーサイズが同じでも外見上のシルエットは全く異なる場合が多い…ということをあなた全く考慮に入れていない。

あなたは、女の子にはそれぞれ性格・個性があることを全く考慮していない、あなたが写真を見ている最中に補足として私は述べているのだが、あなたは無視して全く聞いていないではないか。

 

このおじさんは平成初頭においてはかなり異色だったのですが…

平成末において、このおじさんと同じ思考をするお客様は相当多いのではないかと思われます。

 

入手したデータを元に自分の脳だけで判断しても…

データそのものが否定的な表現を含まず、いいこといいことしか書いていないのだから、正しい答えは出てきづらいと思います。

お客様の好み、希望を私にまるっと投げて、私の脳みそを用いて答えを出した方が正解に近い答えがでてお客様も楽しく遊べると思っているんですけどね。

実際には私を「コーディネーター」として用いているお客様はごくわずかで、単なる「受付係」として用いているお客様がほとんどなのが実情です。

◯◯ちゃんは▲▲な子か?

と質問されれば「受付係」としての私は否定的な表現は用いずあたりさわりなく説明します。

自分は▲▲な子が好みなのだが、▲▲な子は誰か?

と質問されれば「コーディネーター」としての私はお客様のご希望に最も沿った女の子の名前を提示します。いくつか条件があれば、例えば、年齢的には誰それ、スペック的には誰それ、サービス的には誰それ、お客様のご希望に合わせて提案させていただくのですが。

 

◯◯ちゃんは▲▲な子か?

という質問の仕方をするお客様に対しては深くこみいった回答はしませんし、他の女の子を無理にすすめることもしません。

 

◯◯ちゃんは▲▲な子か?

という質問の仕方をするお客様に他の女の子を提案した場合…

◯◯ちゃんをすすめないのは◯◯ちゃんはダメな子なの?

単にお客様のご希望にかなってないから他の女の子をすすめているだけなのに◯◯ちゃんを全否定していると勘違いするお客様は少なくないし…

店長は◯◯ちゃんをすすめず△△ちゃんをすすめてきたけど、僕は◯◯ちゃんを選んだから。

そんなことを女の子に言うお客様がいるんですよ。

お客様に合っているのは△△ちゃんだと判断したから過ぎないのに、店長は◯◯ちゃんを嫌っているからつけたくないと言わんばかりのことを女の子に言う人がいるんですよ。

店長はえこひいきをしているとあらぬ誤解をうんでしまうようなことを平気で言うんですよ。

だから…

◯◯ちゃんは▲▲な子か?

という聞き方をしてくるお客様には無難な回答しか述べないようにしています。

 

 

長々と述べてきましたが、みるきぃらんどにおいては、上記の現実を踏まえて何かことを起こす、というつもりはありません。これまでどおりです。

 

しかし、別の方面で試みて見ようと思っています。

 

 

御用聞きではなく、提案型の接客ができる…

場所を設けようと思ってます。

 

 

 

 

では☆